新成分ブロリコの免疫活性効果って!?

ブロリコは栄養価の高いブロッコリーから発見された特許取得の新成分で、ブロリコが持つ免疫活性効果は医療業界から高い評価を受けています。

 

その免疫活性効果については、人間と体の構造や遺伝子が非常に似ているカイコを使った特殊な方法で測定した結果があります。

 

 

このカイコを用いた食品の活性率の測定結果によると、ブロリコにはガン細胞の増殖を抑制する働きがあるβ-グルカンの約50倍、アポトーシス作用・免疫細胞の活性化・血管新生の抑制などの効果がある事から癌の代替医療に使われているメカブフコイダンの約60倍、免疫活性効果を持つプロポリスにいたっては約1000倍以上ものパワーがある事が実証されています。

 

 

また、臨床試験でもブロリコは10%の免疫活性が立証されていますし、こうしたエビデンスを取得している信頼性の高さからも、ブロリコの免疫活性効果は信頼性が高いと言えます。

 

医療業界からは「ナチュラルキラー細胞の父」と称される免疫学の権威や免疫療法の第一人者なども推薦している新成分ですし、ブロリコはサプリメント化に成功していますが、個人だけではなく病院にも提供されているなど、医療機関からも高い評価を受けている成分です。

 

 

また、「先端医療・医薬品・医療機器」部門の最優秀賞を受賞するなど、第三者機関からも高い評価を受けていますし、サプリメントもリピート率91%という事で効果を実感されている方も多いようです。

人間の免疫力は見た目の老化と同様に20代をピークに低下していきますし、40代以降は一気に下降の一途をたどる事になります。

 

 

そのため、年齢を重ねるにつれて増加する癌の発症率と免疫力との関係性は否定できないところですし、特に中年以降は健康維持のために免疫力を高める対策を普段から取り入れる事が大切だと言えます。

 

ブロリコはガン予防のために利用される方が多く、平均年齢は60歳前後という調査結果もあります。

 

口コミでは「子供のアトピー性皮膚炎の症状が改善した」「子供の傷の治りが早くなった」などといった声も見られるので、年齢を問わずその免疫活性効果は期待できるでしょう。