ブロリコがもたらす効果ってどういうもの!?

ブロリコで期待されているのは、免疫力を高める効果です。

 

 

ブロリコとは特殊な製法を使ってブロッコリーから抽出された成分で、アガリクスより多くのβグルガンを含んでいます。

 

 

βグルガンは食物繊維の一種で、胃腸で消化されることなく腸内の免疫細胞に働きかけます。

 

マクロファージやNK細胞を活性化させたり、インターフェロンを生成したりすることで、免疫力を高めることができます。

 

 

人間は常に外部からウイルスや細菌などの影響を受けており、通常は免疫細胞がそれらを撃退しているので健康が守られています。

 

 

免疫力が低下している人は、ウイルスや細菌の侵入を許してしまうことで風邪やインフルエンザを発症します。

 

 

よってブロリコでたくさんのβグルガンを摂取すれば、風邪やインフルエンザにかからない体作りができます。

 

 

またガンを抑制する効果があるのではないかとも考えられています。

 

 

ガンが発生するメカニズムは完全には明らかになっていませんが、食事やストレス、タバコの影響で細胞がガン化するとされます。

 

 

マクロファージやNK細胞はガン化した細胞を死滅させる働きも持っているため、免疫力が活性化すればガンの発症率も抑えられるという仕組みです。

 

 

ガン治療で使われる放射線や抗ガン剤は副作用が重くて患者に負担をかけますが、ブロリコは元々備わっている自然治癒力を活かす方法なので副作用がありません。

 

 

さらにリウマチの治療で苦しんでいる人をサポートできる可能性もあります。

 

リウマチは免疫のバランスが崩れることで発症する病気で、骨や関節が破壊されていきます。

 

 

症状が良くなったり悪くなったりを繰り返すので、副作用に悩みながら抗リウマチ薬を飲んでいる人もいます。

 

 

抗リウマチ薬で症状の悪化を抑えながら、ブロリコで免疫バランスを整えることができれば、最終的に薬に頼らなくても日常生活に支障がなくなるほど症状が改善する可能性があります。

 

 

ブロリコは普通にブロッコリーを食べただけでは吸収できないので、サプリメントでの摂取が適しています。